うなぎ蒲焼 中遠養鰻 旨さタイトル               旨さの理由はここにあります。
中遠加工所 うなぎ蒲焼 贈答品 作り方 配送について お支払方法
うなぎ蒲焼 中遠養鰻 蒲焼タイトル
手軽に楽しむ本格うなぎ料理。
 
蒲焼が「美味しい」といわれる温度は、50℃〜60℃の間とされています。
白焼をご家庭で調理するのは、“焼きは一生”と言われるように、中まで焼けていなかったり、焼けすぎてこげたり、身が崩れたりしてなかなか上手に調理できないものです。
中遠養鰻の蒲焼は、鮮度の良い活きた原料を専門の熟練した職人が伝統のうなぎ調理法により、鰻自身が持っているうま味と栄養を活用した調味方法で本物の蒲焼に仕上げております。
焼き上げた後、美味しさ・うま味が逃げないまだ熱い状態で、真空包装します。真空包装のまま、熱湯中で6〜7分ボイル加熱するだけで、温かい蒲焼を美味しく召し上がっていただけます。
蒲焼は、温かいご飯の上に乗せていただくのが最高に美味しい食べ方です。

健康と美容の食品。
ビタミンE
うなぎは、チーズの約6倍、卵の約3倍のビタミンEを含んでいます。
ビタミンEは、動脈硬化の原因であるコレステロールを防ぐ働きがあり、肝臓の負担を少なくし、アルコール等による脂肪の蓄積を抑えます。

また、ホルモンのバランスをコントロールし、不妊症・早産・自律神経失調症を防ぎ、ニキビやシミ・ソバカス、肌荒れに大いに効き目があります。
ビタミンA
うなぎは、チーズの約4倍、卵の約8倍のビタミンAを含んでいます。
ビタミンAは、発育を促進させ、外に対する抵抗力をつくる働きがあります。
皮膚や粘膜を丈夫にするので、目の病気を防ぎ、健康な体質を守ります。
うなぎ蒲焼 中遠養鰻 ホーム